生きたまま腸に届く乳酸菌

生きたまま腸に届く乳酸菌

生きたまま腸に届く乳酸菌」というフレーズ、乳製品のCMでよく耳にしますよね。
この「生きたまま」という部分に違和感を覚えた方も少なくないと思います。

 

「生きたまま腸に届く乳酸菌」がいるということは、
「生きたまま腸に届かない乳酸菌」がいるということになります。
そう、実は乳酸菌の多くは腸に届く前に死んでしまうのです!

 

乳酸菌が死んでしまうなんて、あまり考えたことがないかもしれません。
今回は、「生きたまま腸に届く乳酸菌」について、少し詳しく考えてみました。

 

・強い乳酸菌、弱い乳酸菌

 

ヨーグルトなどに含まれる乳酸菌は、胃に到達すると胃酸によって死んでしまいます。
胃酸はいわゆる強酸性。塩酸をたくさん含み、非常に強力な殺菌作用があります。
摂取した食べ物に付いている雑菌を退治してくれているのです。

 

一般的にヨーグルトなどに含まれている乳酸菌は熱や強い酸に弱いので、
その他の菌と同じように、胃酸で死滅してしまうというわけです。

 

死んでしまった乳酸菌は、もちろん生命活動である乳酸の生成や増殖ができません。
摂取した乳酸菌の働きによって腸内環境を改善したいと思っていても、
途中で死んでしまってはそれはできないのです。

 

それではせっかく乳酸菌を摂取しても意味がない!」と思いますよね。
そこで出てくるのが生きたまま腸に届く乳酸菌、「植物性乳酸菌」です。
植物性乳酸菌は大豆などの植物に含まれている、植物由来の乳酸菌。

 

過酷な環境で生き抜いてきただけあって、熱や酸にも強く、
胃酸で殺菌されることなく腸まで到達できる強い乳酸菌なのです。

 

それでは途中で死んでしまうという、ヨーグルトなどの乳製品に含まれている乳酸菌とは何か。
植物性の反対とくれば…ご想像の通り、「動物性乳酸菌」です。

 

動物性乳酸菌は前述の通り、熱や酸に弱いという性質があります。
これは動物性乳酸菌が、栄養価が高く比較的恵まれた環境で育つためだそうです。

 

最近よく見かける「生きたまま腸に届く乳酸菌」のヨーグルトとは、
植物性乳酸菌を意図的に配合した高機能なヨーグルト、ということです。

 

 

・生きたまま腸に届く乳酸菌

 

せっかく摂取するなら腸内環境をよくしたいですから、
ぜひ生きたまま腸に届く乳酸菌を摂取したいと思うのではないでしょうか。

 

しかし、製品に植物性乳酸菌が含まれているのかどうか、
乳酸菌の名前で判断するのは少し大変ですよね。

 

生きたまま腸に届く乳酸菌を使っているか否かは、
「トクホ」マークで確認できます。

 

「トクホ」つまり特定保健用食品マークは、乳酸菌が生きたまま腸に届くことを証明し、
消費者庁が認可した製品にしか付けることができません。

 

そのため、生きたまま腸に届く乳酸菌を摂取したい場合は、
トクホマークのある製品を選べば間違いないということになります。

 

また最近では、通常は胃酸などで死んでしまう乳酸菌を
胃酸に強いカプセルに包んで腸まで届けるサプリメントもあるようです。
乳酸菌選びも、どんどん選択肢が広がっていますね。

 

・「乳酸菌は毎日摂取すると良い」の理由

 

さて、胃酸の波を乗り越え、晴れて生きたまま腸に届いた乳酸菌も、
長く腸の中に住み続けることはできません。
体外から取り込まれた乳酸菌は通常数時間、長くても数日間で排出されるものが大半。

 

腸内には元々住んでいる善玉菌や悪玉菌がたくさんいます。
長い時間をかけて作り上げた環境に、いきなり新参者が定住するのはとても難しいのです。

 

そのため、生きたまま腸に届く乳酸菌を摂取しても、一時的にしか体内の乳酸菌の量は増加しません。
しかし、もちろん乳酸菌を摂取することは無駄ではありません。

 

定着しなくても、生きた乳酸菌が腸内環境を整えてくれることには変わりありませんので、
「常に体内の乳酸菌の数を保つこと」が大切です。
毎日継続して乳酸菌を摂取することで、継続的に乳酸菌を体内へ補充しましょう。

 

・生きたまま腸に「届かない」乳酸菌

 

これまで、「生きたまま腸に届く乳酸菌」についてお話ししてきました。
しかし、生きたまま腸に「届かない」乳酸菌は、摂取しても本当に無意味なのでしょうか。

 

私が食べ続けていたヨーグルト、トクホマークがない…」と落ち込むことはありません。
実は、「乳酸菌は死んでからも有益」なのです。

 

死んだ乳酸菌は、生きている乳酸菌のように自分自身で腸内環境を整えることはできませんが、
死んでしまった乳酸菌は、腸内に元々住んでいる善玉菌のゴハンとなるのです。
そして善玉菌が増殖し、結果として腸内環境が整うことに繋がります。

 

間接的に腸内環境を整えてくれますので、「有益」と言えるのではないでしょうか。
もちろんゴハンとして善玉菌に食べられると減少してしまいますから、
動物性乳酸菌も、毎日継続して摂取することが必要になります。

 

このように乳酸菌は生きていても死んでいても、それぞれ別の役割があります。
植物性乳酸菌・動物性乳酸菌をバランスよく摂取することで、
直接的・間接的に腸内環境を整えられるといいですね。